忍者ブログ
配信で思ったことや、お絵かきに関するblogです。 個人サークル“ぐらっぽらー”に関することも投稿します
[206] [205] [204] [203] [202] [201] [165] [200] [199] [198] [197]
読んでからずいぶんたちましたが本の感想を書く余裕がでてきたので書いちゃいます
昭和陸軍の研究(下)で取り扱っている部分は情報戦のミッドウェー前後・ニューギニア戦線から始まり、終戦後の帝国陸軍兵が戦後どうしたのかまで取り扱っています
この本の面白いところは実際にあって話を聞いているという点ではないでしょうか、面白いことに「海上護衛戦」で有名な大井篤氏のインタビューもあります(参考文献に海上護衛戦があるんですが、そこから汲み取った話みたいのが書いてなくて残念でした。大和特攻の時の有名な「国をあげての戦争に、水上部隊の伝統が何だ、水上部隊の栄光が何だ、馬鹿野郎!」の部分を引用しても良かったと思う)
陸軍の歩兵の話や外交を取りまとめた役人の話は充実しています、ですがその航空兵や戦車兵・砲兵・海軍側の話などはあまり詳しく知らない部分があるのか上巻に引き続いて「?」と思う部分も多くありました
特に「零戦パイロットたちの戦い」についての部分は明らかに蛇足でその文章もしっかり裏が取れているとは言えません
この章があってもなくても全体のコンテンツには影響がないような内容でした
この本の中で特に興味深い章は「戦友会という組織に見る昭和陸軍の体質」という部分でした
よくノンフィクションものの戦記でも戦後のことにはあまり突っ込んで書いてはいません(他の部分がメインだったりするから)
ですがこれには戦後どのように元兵士たちが過ごしてきたかが書かれてるので戦前と戦後を繋ぐ良い資料となるのではないでしょうか
戦後の戦前との断絶はもしかしたら戦後に元兵士たちがどのように生き、どのようにすごしたかが余り語られなかったからなのでしょうか?
ここの章を読んで特にそう思いました

*まとめ*
上下巻あわせて帝国陸軍が誕生からどのような軌跡をたどってきたかを知るにはとても良い本だと思います
歴史は一本の線になって初めてなぜそうなったかを理解することが出来ます
断片的にしかない話も一直線になるとまた違った視点から見ることが出来るのです
帝国陸軍の歴史や外交面での「なぜこうなった!?」かに興味があればとてもオススメできる本です
文庫で1冊1200円で買えるようになったので(自分のも文庫ですが、もともとこの本は1万円以上するほんでしたから)その値段にしては手に入れられる情報が多いです
このような本なので帝国陸軍に興味があれば買ってみても良いかと思います
ではまた次の本で!

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[02/03 escort site]
[07/19 classic]
[07/01 名無しさん]
[11/27 ズゥース]
[01/15 gurapo]
プロフィール
HN:
ぐらぽ
性別:
男性
自己紹介:
skypeID:gurapo
SteamID:gurapo

メールとか
yon_shiki@hotmail.co.jp




ブログ内検索
アーカイブ
最新トラックバック
カウンター
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) ぐらっぽらー All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]