忍者ブログ
配信で思ったことや、お絵かきに関するblogです。 個人サークル“ぐらっぽらー”に関することも投稿します
[229] [228] [227] [226] [225] [224] [223] [222] [221] [220] [219]
久々にすごい映画を観ました
プライベートライアンやダークナイト並の衝撃を受けました
何がすごいと言えばあの緊張感、爆弾解体時のいつ爆発するかしないかを耐える度胸
そういった人間模様に圧倒されました

映画は100人の人間が見れば、100人の答えを持つと思うので他の感想記事をどうこう言えないのですが
現時点で自分が思ったこの作品のテーマは「救出」に尽きると思います
映画のキャッチフレーズがちょうどこのテーマをしっかり出していると思うのですが、そこに言及した感想が無くて残念でした

彼らは数え切れない命を救う、たった一つの命を賭けて


映画の冒頭で戦争での緊張感や高揚感は病み付きになると字幕があります、ですがこれだけではこの主人公が爆弾を873個も解体する理由には足りません
恐らくそれを解体したときの達成感や、「これで人が死なずにすむ」という安心感があるからではないでしょうか?
ブラックホークダウンでフート軍曹が
「国に帰れば、こう訊かれる「おい、フート、何故戦う?何のために?もしかして戦争中毒なのか?」ってな。だが、オレは何も応えない。何故か?どうせ奴らには解らないからさ。仲間のために戦うってことがな。それだけ……それだけなんだ。」

これと似たようなものではないかと思うのです
仲間のためでもあり、現地の人の為でもあります、これが無ければ劇中での怒りや行動がなぜ出たのか理由にならないからです
映画のテーマは繰り返し色々なところに出てきます、それを考えるのも一つのメディアリテラシーでもあると思うのです

まだまだこの映画には語り足りないとてつもない魅力があります
パンフを買ってないので監督の意図を知りたいです、今後チェックしたいですね

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/05 韓国ブランドコピー時計]
[02/03 escort site]
[07/19 classic]
[07/01 名無しさん]
[11/27 ズゥース]
プロフィール
HN:
ぐらぽ
性別:
男性
自己紹介:
skypeID:gurapo
SteamID:gurapo

メールとか
yon_shiki@hotmail.co.jp




ブログ内検索
アーカイブ
最新トラックバック
カウンター
バーコード
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) ぐらっぽらー All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]